私の夢。

  • 2014年06月19日

大きくなったら両親に家をプレゼントしてあげたいと、子供の頃はずっと思っていました。
でも、高校を卒業し現実を見れるようになって、普通の生活をしていたら両親に大きな一軒家を買ってあげて自分もすぐ近くに家を建てるなんて、絶対に無理だと気づいてしまったんです。
私はずっと、両親と大きな家に隣同士で住むことを夢見てきたので、諦めたくありませんでした。
そこで思いついたのが風俗でした。
キャバクラやホステスは人間関係が面倒だし、男の人をだましてお金を貰うみたいで性に合わないと思って、風俗を選びました。
いろんなジャンルの風俗求人の中から私が選んだのは、デリヘルです。
自宅待機が出来るということで、指名が入るまでは自由に過ごせるし、効率的だと思ったので私はデリヘル嬢として働くことにしました。
初めは慣れない仕事で全身筋肉痛になったりして、風俗って意外と肉体労働みたいなんて思ってたんですけど、慣れていくうちにコツも常連さんもつかめるようになってきました。
今は着々とお金が貯まっていってるので、もっともっと頑張って出来るだけ早く家を建てたいです。

 

一緒に読む